モラハラは犯罪だ

加害者はアメとムチを使い分けて自分から離れられないように洗脳し、自分の支配下に置こうとしてきます。
趣味にまで干渉し人格を破壊してきます。それが人格破壊だと気付くまでに時間がかかります。
気付いた頃には手遅れになっています。膨大な時間を犠牲にします。

モラハラ被害者は皆人生の貴重な時間を無駄にしたと訴えます。
モラハラは犯罪です。断固抵抗しましょう。
[匿名さん] 

実はみんな知っている集団ストーカー

今から5、6年前の話。
集団ストーカーの仄めかしとアンカリングが激化した時期があった。

外出すると大勢の人々からアンカリングの嵐を受けた。テレビを見ても芸能人や政治家(海外の有名人や政治家も含めて)から仄めかしとアンカリングがあいつだ。その他に咳払等の嫌がらせもあった。

それで、集団ストーカーは我々被害者と、加害者だけが知っている犯罪ではなくて一般人から有名人まで誰もが知っている犯罪だと気付いた、というか気付かされた。

何が目的で気づかせたのか知らないが、それから地獄の日々が始まった。

今まではプライベートを監視されているとはいえ、個人の秘め事、プライバシーは加害者のみにしか知られていないと思っていたので買い物や外出などは比較的気軽に出来た。
勿論、外出する先々でしょっちゅう気色の悪い仄めかしやアンカリングはあった。
だけど、まさか普通の人達にまでプライバシーを知られているとは思っていなかったので気晴らしの散歩などはよくしていた。

だがしかし、プライバシーまで不通の人達に知られていると気づかされてから生活が一変してしまった。
まず、日中に外出出来ない。仕事も退職を余儀なくされてしまった。
生活は完全に夜型になり、買い物も24時間営業のスーパーと通販を利用するのみになってしまった。

嫌がらせに合いながらもたとえば、日中に太陽の光を浴びて散歩するだけでも、大分気が紛れるのだがそれが不可能になってしまった。

1日中家の中で生活する毎日を余儀なくされニートみたいになってしまった。
人間少しでも身体を動かさないと気分が悪くなるので、仕方がなく深夜に散歩はするが、体が鈍ってしょうがない。


私は、個人的に非常に難しい問題を抱えていたのだが、それから解放されかけていた時期だけに残念なんだが、したいことが何も出来なくされていまい行動範囲が非常に狭まってしまった。

何故、ここまでするのか。理解できない。一時期ネットに集団ストーカーの悪口を書きまくっていたことがあったのだがそれと、何か関係があるのだろうか。
しかし、これはいくら何でもやり過ぎである。
友達も恋人も作れないし、したいことが何にも出来ない。

そもそも集団ストーカーの目的が分からないから、ただ嫌がらせに耐えるだけの日々に意味を見出だせない。
自由は奪われるは笑い者にされるはで苛つくことばかりである。
最初は何か致し方ない目的でもあるのだろうと思っていた。
誰かの犠牲が必要なんだと。それなら被害者の人生も尊重されて、こっちも気長に待っていればいずれ終わるのだろうくらいに思っていたのだが全く終わる気配がない。
最近いい加減に嫌気がさしてきた。
どんな目的があるにせよ、許し難い感情がわいてきた。
散々嫌がらせに耐えて生きてきたのに挙げ句の果てにこの様かよ。
いい加減に終わりやがれ。人の人生を何だと思っているのか。
私の人生はコイツらの所有物か。ムカつくことばかりである。


不通の人達は被害者の事をどう思っているのだろうか。
可哀想と思っているのもいれば、ざまあみろと思っているのもいるのだろうか。
所詮、他人事で特に何とも思っていないのもいればまんざらでもないと思っているのもいるのだろうか。
そんなことは知らないが、この先私の人生はどうなるのだろうか。未来は不安で一杯である。

これ以上ないくらいの苦痛と屈辱をどうも有り難う

集団ストーカー被害が本格化したのが1人暮らしを始めた14年前。
この14年間の間に様々な被害を味わってきた。
1番凄まじかったのが騒音被害であった。
アパートが揺れる位の凄まじい騒音を受けた時もある。
ムカついてこちらもやり返すから周りに相当迷惑をかけたこともあったかと思う。
集団ストーカーの嫌がらせは時として第3者にまで及び、なぜ周囲に迷惑をかけてまで騒音の嫌がらせをするのか非常に不可解であった。

咳払いの嫌がらせも酷かった。家にいるときでも外出先でも、しょっちゅう咳払いの嫌がらせにあった。
なので外出するのが恐ろしく耳栓をして外出することも多かった。

その他にも様々なことがあった。物品を使ったアンカリングや、風邪マスクを着けている人物、身体障害者、不気味な風貌の男性、ルンペン、薄ら笑いを浮かべる人物などに次々と遭遇し非常に気味が悪かった。
どこか、自分だけ異世界に放り込まれたような異様な感覚になるのであった。

最悪なのはなんと言ってもプライベートを監視されることであり、それを仄めかされることであった。
集団ストーカーの被害者にプライバシーは存在しない。
思考盗聴器が本当にあるのかどうなのかは知らないが、何らかの方法でプライベートを監視されているのは事実だから集団ストーカー被害者は、プライバシーを殺されてしまっている。
その為、常に何者かの視線を感じながら生きることとになり、非常に気持ちが悪いし、心落ち着くこともない。
しかも、我々被害者の秘密がどうも普通の人達の間で共有されているらしく、普通の人達に自分のプライベートな事を知られているので外に出るのは拷問であり、地獄である。

何故ここまで我々被害者は悲惨な目にあわなければならないのか全く分からない。
我々被害者が一体何をしたというのか。
どれだけの罪を犯したらここまで酷い目にあわなきゃならないのか。

さらに被害期間の長さも最悪である。何故こんなに長いのか。余裕で10年20年越える始末である。
余りにも長すぎる。過ぎ去った日々はどうやっても取り返せない。
被害期間がもっと短ければここまで苦悩することもなかったろうに。全くやってられない。一体誰が何の目的で集団ストーカーなる犯罪を思い付いたのかわからないが殺意を抱くくらい腹が立つ。
いい加減に終わりやがれと思うが終わる気配は全くない。



これ以上ないくらいの苦痛と屈辱を本当にどうも有り難う。

大衆は基本的に悪

俺達被害者は毎日がこんなに辛く酷い目にあっているってのに、皆知らぬふりをして、全く興味も関心も持ってくれない。
それどころか、薄ら笑いを浮かべたり笑いを堪える者もいる始末。
24時間監視されてプライベートは筒抜け、誰だって他人に晒したくないことはあるでしょう。
それを、公にされて笑い者にさる。
心無い人ばかりでうんざりしてくる。
目的は今はまだ分からないから誤った分析をしているのが滑稽で楽しくて仕方がないのかもしれない。
笑いを堪えている奴等がくっそ腹立つ。叩き殺してやりたくなる。
日本人はなんて冷たい民族なんだろうと最近よく思う。
別に同情してもらいたいわけじゃないが、この犯罪 の被害者になったらどれだけ辛くて悲惨な目に会うかちょっと想像すれば分かるでしょう。

なぜ、プライベートを晒されて笑い者にされなきゃならないのか。24時間監視されて、1日とて休みなく嫌がらにあい続け笑い者にされる。
とてもじゃないがもう耐えられない。
仮に犯罪が終わったとしても被害者の個人情報は普通の人達の記憶に残り続けるのだろうか。
そうだとすると、俺達被害者の未来はお先真っ暗ではないか。普通に生きていけない。

なぜ、こんなしょうもない目にあい続けなければならないのか?
納得出来ないことばかりである。
人間は基本的に他人の不幸が大好きで、虐めにあっている被害者に同情するどころか虐めはまんざらではないと思ってしまう。中には虐めに積極的に参加する人間もいるだろう。

しかし、逆の立場に立って考えてみる。つまり、自分が被害者ではなく、傍観する立場だったらと。何か、どうしても笑いを堪えてしまわざるを得ない理由があるのかもしれない。それはわからないが、笑い者にされるのは気分の悪いものである。

今さら終わっても全然嬉しくないし(終わらないよりはるかにましだが)この犯罪を思い付いた奴を正直叩き殺してやりたくなることもある。
もし、この犯罪にあわなければ俺の人生は今とは相当違ったものであったであろう。

最近加藤や宅間の気持ちがわかるようになってきた。精神的に相当ヤバい状況になってきている。普通の人間を殺しまくる自分を想像する時がある。
実際に殺人に手を染めることはないと思うが、連続殺人犯に共感を覚える精神状態はかなりヤバイ。

ここまで一人の人間を追い詰めて一体何をしたいのか目的がさっぱり分からない。
引っ越しは繰り返されるは、精神病院に入院させられるは、笑い者にされるは散々である。(女の笑いがくっそ腹立つ)

集団ストーカーに終わりはあるのだろうか。ターゲットに一度選定されてしまったら最後、二度と終わらないのだろうか。
それは分からないが、俺の場合被害年数が長すぎて気付いたらもう、取り返しのつかない年齢になっていた。
朝、目を覚ました時に非情な現実に引き戻されゾッとする。
俺の人生はもう半分以上は諦めた。

若い頃に友達と思い出作を作りたかった、おもいっきり遊びたかった。が、その夢はもう叶わない。
普通の人生、自分の人生を生きている人達が羨ましい。

集団ストーカーは法的には悪、社会的には善らしい

これは、ある相当信頼のおけるブロガーからあった仄めかしである。
彼の語っていたことが本当だとすると、集団ストーカーはわざわざ法的に罪を犯してまでやる価値があるということである。

その価値とは何なのか。我々被害者がその理由を聞いて納得いくのであろうか。

社会的に善ということは、誰かの役にたっているのだろうか。こんな薄気味悪い犯罪が一体何の役にたっているのか。

嫌がらせ事態はアメリカ産まれのガスライティングがベースになっているのだが、それが社会的善にどう繋がっているのかよく分からない。

これだけ人生を犠牲にしているのだから何か意味と価値があり人の役にたっているとでも思わなければやってられない。


この犯罪を思い付いた奴が憎たらしくて叩き殺してやりたくなることもあるけど、文句はNGらしいし、黙って耐える以外にないらしい。(これがまたムカつく)

勿論街宣やチラシ配り、ブログ等で周知活動に励んでいる人間は大勢いて自分の出来うる範囲でそれぞれが活動に励めば良いと思う。(殆ど偽被害者だと思うが)

何れにせよ、たった一度きりしかない人生。毎日をこんなしょうもないことで(誰かの役にたっている?)潰すわけにはいかない。人生は2度と取り戻せない日々の繰り返しだから1日1日に価値があるわけである。
だから、早く自由を取り戻して死ぬほど苦痛でつまらん人生を終わりにし、自分の人生を生きたいものである。

新年早々救急車4台に遭遇する

用事があって外出。
家に帰るまでの二時間ばかしの間に救急車4台に遭遇する。

新年早々これだからさい先が悪すぎる。
気分が悪い。


新年早々出動を要請されてる側もどういう気持ちで救急車を走らせていたのだろうか。やっている側は面倒くさいのだろうか。
そんなこと知らないしどうでもいい。

集団ストーカーに休みなど存在しない。24時間営業である。
一番辛いのは勿論被害者だが加担を要請されている側は24時間活動し続ける集団ストーカーのことをどう思っているのだろうか。
どう思いながら嫌がらせに協力しているだろうか。
こんな薄気味悪い犯罪に自分が巻き込まれずにすんで良かったと思っているのだろうか。
そんなこと知らないしどうでもいい。


24時間監視されて嫌がらせを受け続けるのだら、選ばれた方はたまったものではない。
少なくとも選ばれてガッツポーズをする人間は一人もいないだろう。
もし、いたとしたらマゾかただの馬鹿である。

今年こそは終わると期待して何回目の年を迎えただろうか。
期待は悉く裏切られ集団ストーカーは終わらず嫌がらせにあい続ける。
いい加減うんざりしてきた。
早く終わってもらいたい。

今年は最悪の1年だった

集団ストーカーの尋常でない猛攻撃に耐えかねて部屋の内外で大暴れして警察に補導されて精神病院に強制的に入院させられた。

攻撃の内容は前に説明したが、精神的侮辱とある特定の人物の植え付けと、それは凄まじいものであった。

猛攻撃が始まる前に『ここからが本当の地獄だぞ』と脳内音声送信があった。
本当に地獄であった。集団ストーカー史上最高の地獄であった。何故俺をあそこまで追い詰めたのか。
なめ腐った態度を取っていたからであろうか。

一時期かなり強い電磁波攻撃が頭部にあった。おかげで頭がかなり禿げあがってしまった。
ここ1年で顔もだいぶ老けた。

アパートの方は白蟻に侵食されてアパートの建て替えが必要なので大家に引っ越しをしてくれと言われた。結構お気に入りのアパートだっただけに残念だ。
引っ越し先のアパートは狭く押し入れも無いため部屋は物で一杯に溢れかえり圧迫感があるため非常に居心地が悪い。

被害年数もかなり長い。歳も歳なので集団ストーカーの方もいい加減に終わってもらいたい。
納得出来ないのだが何度か謝れという仄めかしがあったから謝ったのだが終わる気配は全くない。

いつになったら終わるのだろう。一生終わらないとか考えられない。もし一生終わらなかったら俺の人生はなんの為にあったのか分からなくなってしまう。どうしてここまで人に対して非情になれるのか。
早く俺の人生に自由を返してもらいたい。勝手に人の人生から自由を奪い一日中嫌がらせをし続ける。それが、1年中365日続く。

目的は何なのか。目的をきかされたら納得出来るのであろうか。どう考えても納得出来ないような気がする。
全て徒労で終わる気がする。もうこの際それでもいいから早く終わってもらいたい。

最近では俺の場合被害もだいぶ減りいくらか気が楽になったが、それでも辛いことには変わりなく何で俺達だけこんな惨めな気持ちで毎日生きなきゃならないのか考える。
軽い嫌がらせでも、集団ストーカーがまだ続くのかと思うとうんざりしてくる、げんなりする、げっそりする。

とにかく一日でも早く本当の目的を教えてもらって集団ストーカーの方はもういい加減終わってもらいたい。